介護保険被保険者証について

介護保険被保険者証

市町村は、すべての第1号被保険者(65歳以上の方)に対して介護保険被保険者証を交付することになっています。住民基本台帳のデータで65歳になったときに交付するようになっています。
交付は65歳到達者については到達月の月末までに、65歳以上の転入者には転入時に通常は郵送により行われます。それは、郵送することによって、確かにその住所地に住んでいることを確認する意味もあるからです。現在は被保険者証の有効期限が廃止されていますので、大切に取っておいてください。もし紛失した場合は、再交付申請を行うことになります。

 

 要介護認定申請の際にこの被保険者証も提出しなければなりません。認定されたときに、役所は要介護(支援)度と居宅(介護予防)サービス計画作成依頼(変更)届出書に載っている居宅介護支援事業所の名称を打ち込んで返してくれます。




>>老人ホーム・介護施設の検索なら【HOME'S介護】

老人ホーム/高齢者向け住宅探すのなら 介護DB