介護予防・日常生活支援総合事業

 

介護予防・日常生活支援総合事業について

 

2018年4月1日から介護予防の通所介護、訪問介護は市町村事業となり、全国完全実施される「介護予防・日常生活支援総合事業」というものでフォローされます。これは要するに従来の要支援の方から事業対象者(今まで「特定高齢者」と呼ばれていた要支援には至らないけどハイリスクの高齢者の方)を含めて、「基本チェックリスト」(現場では居宅支援事業所のケアマネに委託する例が多い)でケアプランを作成して、介護予防通所サービス・介護予防訪問サービスか生活支援通所サービス・生活支援訪問サービスの提供がなされることになります。

 

この制度は、管理人としてはとんでもない混乱を持ち込んでいるともいます。
制度の主体を市町村としたことで、これまでの介護保険制度でシームレスに提供されていたのに、くさびを打ち込んだことになります。

 

とはいえ、市町村の工夫というか、ある意味国の示した設計図のままどこの市町村もほぼ横並びの制度を導入しているので、統合的に利用できるようになっています。財源的にも当面は今までと同様なのでそんなに問題は出ていません。

 

私から言わせば、それならば特に変更する必要がなかったのではないかと言いたいです。ただ、従前要支援に至らない方でもリハビリ等を受けられるようにとということから「特定高齢者」とか言った名前をつけていた方を今度は「事業対象者」と言った不可解な名称をつけて、一定のサービス利用ができるようになりました。サービス利用者にとってはまずまずの制度を整備しましたが、どこまで活用できているかと言えば???。

 

 

支援総合事業




>>老人ホーム・介護施設の検索なら【LIFULL介護】

老人ホーム/高齢者向け住宅探すのなら 介護DB