介護保険制度を利用した住宅改修について

介護保険制度による住宅改修とは
要介護認定者の住宅を改修(手すりの取付・段差の解消等)に対して
市区町村から最高18万円(20万円限度で1割は自己負担であるため)の給付なされるものです。

 

しかし、改修に入る範囲、その手続(意見書作成等)、打ち合わせ等はまた大変ですので、
これもケアマネに依頼すると良いでしょう。

 

また、手すりの設置等は障害の部位、程度によって違うので
できれは理学療法士等に相談して設置位置、部品などを一緒に決めていくのが一番よい方法です。

 

業者でも詳しい人がいるといいのですが、まだ、そこまで専門的に改修工事をしてくれる業者は珍しいので
ケアマネや理学療法士としっかり話し合って、改修をしてもらいましょう!

 

 



>>老人ホーム・介護施設の検索なら【HOME'S介護】

老人ホーム/高齢者向け住宅探すのなら 介護DB