介護タクシーについて

母が脳梗塞を起こし、3月の初めに要介護5の認定の通知を受け取りました。

 

つい先日、回復期リハビリ病院へ転院するために初めて介護タクシーを利用しました。タクシー料金以外の移動介助などは介護保険給付の対象となっていますが、この給付を受けるにはどのような処理が必要なのでしょうか?また入院にかかる費用なども、介護保険で負担が減ることはあるのでしょうか?

転院のための移動介助は残念ながら、介護保険の給付対象ではありません。
現在、介護タクシーと言われているもので
(1)介護付きのタクシー
 通常のタクシーですが、運転手がヘルパー資格を持っているので介助に優しいというもの。これはタクシー代は通常のタクシー代と同様となります。

 

(2)介護保険サービスの通院等乗降介助
 介護サービス事業所のうち、訪問介護事業所が提供しています。
 通院とか公的機関に出向くときの乗降前後の介助をサービス提供しています。片道100単位程度で往復200円程度となります。この場合、提供される移動に必要な運賃は別途必要となります。

 

(3)福祉有償運送事業
 確か岡山で最初に始められたものが全国に普及した制度です。タクシー代の半額以下で運送を提供しているサービスです。通院だけでなく、さまざまな移動手段に使えます。
 あらかじめ登録していて、あらかじめ予約して使用できます。NPO法人や社会福祉法人等が取り組んでいる場合が多いです。



>>老人ホーム・介護施設の検索なら【HOME'S介護】

老人ホーム/高齢者向け住宅探すのなら 介護DB