高齢者住まい法

高齢者住まい法(高齢者の居住の安定確保に関する法律)
高齢者が安心して住める賃貸住宅の供給を中心に、高齢者の居住の安定の確保を図ることを目的とします。
都道府県は、国が示す指針に基づき、高齢者の賃貸住宅、老人ホームの供給目標、それを達成するための具体的な事項などを盛り込んだ高齢者居住安定確保計画を策定しています。
また、平成23年10月にこの法律が改正されて、「サービス付き高齢者向け住宅の登録制度」を制定し、これまでの高齢者用賃貸住宅(高専賃)をこれに一本化し、都道府県に登録する制度が創設されました。
今、国土交通省がサ付き住宅の促進のために建設費の10分の1程度の補助金を出しています。



>>老人ホーム・介護施設の検索なら【HOME'S介護】

老人ホーム/高齢者向け住宅探すのなら 介護DB