介護保険の居宅サービス

訪問介護事業

 

訪問介護員(ホームヘルパー)が居宅を訪問して、入浴、排泄、食事等の介護等、日常生活上の世話、掃除、洗濯、通院等のための乗車又は降車の介助等を行うものです。

 

サービス内容により、身体介護、生活援助、通院等乗降介助の3つに分類されます。

 

「居宅を訪問して」となっていますが、それが一連のサービスであれば屋外に散歩に行く介助とか、一定の外出(通院、理髪等)も認められます。「日常の世話」という観点でよく外庭の草抜きはだめ、利用者が日常生活を送るスペース以外の掃除はだめ、外出も一定のものに制約されています。それ以上のものは契約により、別料金で提供している事業所もあります。

 

介護保険になってから、ゆっくりお茶を飲んでもくれないという声が利用者から聞かれていましたが、最近の介護報酬の改訂でさらに加速しています。時間まで仕事をすると次の仕事が待っていますからとそそくさと帰る。悩ましい問題ですね。また、通院等乗降介助についても、利用理由による制約があります。障害者自立支援法上の移動介護等はもう少し幅がありますので、同様に扱えるといいんですが。

 

 

 

訪問入浴介護事業

 

看護職員や介護職員が居宅を訪問して、浴槽を提供して3名が1チームとなり入浴の介護を行うものです。そもそも日本人にとって「入浴」は欠かすことができません。とても有用なサービスと言えるでしょう。でも、多くのスタッフが必要なため料金が高いのが難点です。看護職員が付かない場合は若干低料金となります。ですから、多くの場合通所サービスに通って入浴をして帰る例がほとんどです。

 

 

訪問看護事業

 

医師の指示に基づき看護職員が自宅療養している人を定期的に訪問し、健康チェックや療養の世話・助言などを行うものです。

 

 

このうち、提供できる人材に理学療法士、作業療法士、言語聴覚士なども入っているので、訪問リハビリと代わらないサービス提供をしている事業所もあります。

 

 

 

訪問リハビリテーション事業

 

医師の指示により理学療法士や作業療法士言語聴覚士等が居宅を訪問して、理学療法、作業療法、言語療法その他の必要なリハビリテーションを行うものです。

 

この事業は医療機関等でなければ開設できないので、それを理学療法士会とか作業療法士会では訪問看護事業所並にしたいと考えています。管理者も賛成です。

 

 

通所介護事業(デイサービス)

 

通所介護施設等に通い、健康チェック、入浴、食事、リハビリの提供等の日常生活上の世話、機能訓練を行うものです。市区町村の事業で、「いきいきデイ」とか命名して介護保険の非該当の方を受け入れている事業所もあります。

 

認知症対応型のデイサービスというのもあります。
平成18年4月から中重度者、医療依存度の高い方が利用できる「療養通所介護」もありますが、まだ多くありません。

 

 

通所リハビリテーション事業

 

要介護認定者等が介護老人保健施設、病院、診療所等に通い、要介護認定者等に理学療法、
作業療法、その他必要なリハビリテーションを行うものです。

 

とはいえ、要するにデイサービスとほとんど同様なプログラムで、スタッフが医療系の人であるというだけのようにも思えます。もちろん、理学療法士・作業療法士などを十分に配置して本格的な個別リハビリをやっているところもあります。今後の介護報酬の行方は、今もある程度加算で上乗せしていますが、さらにそのような方向になるでしょう。

 

とりわけ、今日の医療機関は医療分化していて、脳血管障害の急性期・回復期・維持期の病院を分けて、医療・介護連携=共通クリティカルパス(治療計画書)でつないでいます。そして、その後の地域でのリハビリが、以前でしたら、老人保健法上のリハビリを市町村がやっていましたが、今は老人保健法改正でなくなりました。その代替は、この通所リハビリでやってもらうことになります。

 

 

短期入所生活介護事業(「ショートステイ」という)

 

要介護者等が特養(介護保険上は介護老人福祉施設という)で(宿泊)し、
当該施設において、要介護認定者等に入浴、排泄、食事等の介護、
その他日常生活上の世話、機能訓練を行うものです。

 

現在、入所施設がどこも満員であるために、この事業をロングステイとして使うこともあります。中には入所施設の空きをこのショートステイをつないで待っているというような現状もあります。

 

 

短期入所療養介護事業

 

要介護者等が介護老人保健施設、療養型病床群等に短期間入所(宿泊)し、
当該施設において、要介護者等に看護、医学的管理の下における介護、
機能訓練その他必要な医療および日常生活上の世話を行うものです。

 

 

特定施設入居者生活介護事業

 

介護対応型の有料老人ホーム、養護老人ホーム(外部サービス利用型のみ)、
軽費老人ホーム(ケアハウス)、適合高齢者専用賃貸住宅に入所している要介護者等について、
居宅サービスに位置付けられており、入浴、排泄、食事等の介護、その他の日常生活上の世話、
機能訓練及び療養上の世話を行うものです。

 

もっと知りたい方は下記のサイトもご覧ください。

 

在宅介護の問題や費用の悩み!現役ケアマネがアドバイスします!

 

 



>>老人ホーム・介護施設の検索なら【HOME'S介護】

老人ホーム/高齢者向け住宅探すのなら 介護DB