地域密着型サービスとは?

 平成18年4月の介護保険制度改正により創設された、地域密着型サービスは市区町村が指定をします。

 

小規模多機能型居宅介護事業
 介護が必要となった高齢者(主に認知症高齢者)が、今までの人間関係や生活環境をできるだけ維持できるよう、「通い」を中心に「訪問」「泊まり」の3つのサービス形態が一体となり、24時間切れ間なくサービスを提供できるのがその大きな特徴です。認知症高齢者による利用が中心になるが、認知症の有無を問わず、利用可能。
 小規模多機能居宅介護登録者は、介護保険の利用料が包括的定額料金なので、介護度別に月額利用料が定額になります。

 

認知症対応型共同生活介護事業所(グループホーム)
認知症の状態にある要介護者について、その共同生活を営むべき住居において、入浴、排泄、食事等の介護等の日常生活上の世話及び機能訓練を行う。
グループホームは、一応居宅サービスに位置づけられています。



>>老人ホーム・介護施設の検索なら【HOME'S介護】

老人ホーム/高齢者向け住宅探すのなら 介護DB