今後の認知症施策

厚生労働省の「認知症施策検討プロジェクトチーム」では『今後の認知症施策の方向性について』をとりまとめました。
プロジェクトは「認知症の人は、精神科病院や施策を利用せざるを得ない」という考え方を改め、「認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域の良い環境で暮らし続けることができる社会」の実現を目指して、付きのような対応方策を図っています。

 

標準的な認知症ケアパスの作成・普及
早期診断・早期対応(かかりつけ医の対応力強化等)
地域での生活を支える医療サービスの構築(薬物療法に関するガイドラインの策定等)
地域での生活を支える介護サービスの構築(医療と介護の円滑な連携等)
地域での日常生活・家族の支援の強化(認知症に関する介護予防の推進)
若年性認知症施策の強化(若年性認知症支援のハンドブック作成等)
医療・介護サービスを担う人材の育成(認知症ライフサポートモデルの策定等)



>>老人ホーム・介護施設の検索なら【HOME'S介護】

老人ホーム/高齢者向け住宅探すのなら 介護DB