家族同居の訪問介護(生活援助)はできる?

同居家族がいる人の訪問介護(生活援助)

 

娘家族と同居してる87才の祖母が、大腿骨骨折手術後のリハビリの期間を終えて退院する事になりました。歩行もうまく出来ない状態です。
介護申請して要支援2となりましたが、家族と同居してる人はヘルパーさんが、入れないと伺ったのですが、本当に入れないんでしょうか?
日中は、祖母が一人になってしまい心配です。デイサービスも週2回しか行けないし、家族としてはどうしようか悩んでます。

訪問介護についての結論としては、おばあさまの場合は大丈夫だと思います。

 

「同居家族がいる場合の生活援助」の制約がありますが、平成19年の通知で「一
律に・・・機械的に判断されるものではありません。」となっています。要支援
者に対するサービスは自立支援になるように提供するという基本があります。
ただ、「家族と同居している人はヘルパーが入れない。」という規定・通知はあ
りません。特に日中単身の状態の場合、「生活援助が提供されるやむを得ない事
情」に入ると考えられます。

 

要支援の場合、区分支給限度額が10400単位となっていので、その範囲で提供さ
れるものは1割負担で済みますが、オーバーすると10割負担になります。

 

予防訪問介護が月2440単位、予防通所介護が月4205単位ですから、十分限度額の
範囲ですから、1割負担で提供できます。

 



>>老人ホーム・介護施設の検索なら【HOME'S介護】

老人ホーム/高齢者向け住宅探すのなら 介護DB