親への介護保険利用の説得

福祉のお世話になるのはいやという母をどう説得しようか困っています。

そもそも、介護保険制度は『介護は専門職へ、愛情は家族で』という合い言葉で、介護の社会化を進めるためにできた制度です。
とはいえ、老親にそれを理解していただくのに困難な場合があります。特に、昔の方々は『お上の世話になる』ということを嫌うとか、世間体を気にして介護サービスを受けることを極度に嫌う方が未だあることは確かです。

 

そこで、近所の方がデイサービスに行っているとかありましたら、そのあたりからご一緒できるといいですね。訪問介護などは最初はかなり抵抗感があるようです。訪問介護員(ヘルパーさん)が来られるからと家の掃除をして待っていたとか、お菓子とお茶を用意して待っていたとか言う話を聞いたことがあります。

 

介護保険料を3000円〜5000円程度支払っていること、サービスを受けると1割は自己負担することで、決してお上のお世話になっているのではないということを理解していただくのはどうでしょうか。



>>老人ホーム・介護施設の検索なら【HOME'S介護】

老人ホーム/高齢者向け住宅探すのなら 介護DB