サービス種類相互の利用

サービス種類相互の利用の可否についてはかなり複雑です。

 

表にしたいのですが複雑なので、今後の課題とします。また、わかりやすくするために単純化して述べますので、不明な点はお気軽にお問い合わせください。

 

 

特定施設(含 地域密着)またはグループホーム(認知症対応型共同生活介護)入居中は居宅サービス(訪問や通所など)は受けられません。

 

短期入所系サービスで入所中は訪問・通所系(含 小規模多機能)サービスを受けられません。
ただし、福祉用具貸与は可能。

 

同一時間帯に通所サービスと訪問サービスを受けた場合、訪問系は介護報酬が受けられません。

 

老健施設(介護老人保健施設)、介護療養型医療施設、医療系の短期入所で退所した日に訪問看護等の医療系の訪問サービスは受けられません。
福祉系の訪問介護等は可能。ただし、機械的に組み込むのよくない(適正でない)。・・・理由が立てられたらいい。

 

医療系・福祉系とも「入所(入院)」日にその前に訪問・通所系サービスは受けられます。ただし、機械的な組み込みは×

 

施設入所(入院)中の外泊、試行退所時の居宅サービスは受けられない。(受けられるといいんですが。)

 

同一時間帯に複数種類の訪問サービス利用については、原則ダメ。ただし、訪問介護+訪問看護、訪問介護+訪問リハビリは介護の必要性から認められます。

 

複雑でしょう。大筋、ダブっては受けられませんよということです。少しだけ例外もありますよ。ということですね。

 

 

 

 



>>老人ホーム・介護施設の検索なら【HOME'S介護】

老人ホーム/高齢者向け住宅探すのなら 介護DB