介護給付適正化への取り組み

介護給付の適正化を図ることで、利用者に対する適切な介護サービスが確保されるとともに、不適切な給付が削減され、介護保険制度の信頼感が高まります。
また、介護給付費や介護保険料の増大の抑制を通じて、持続可能な介護保険制度の構築に資するものとなります。

 

要介護認定の適正化(認定調査状況チェック)、ケアマネジメント等の適正化(ケアプランの点検、住宅改修等の点検)、サービス提供体制及び介護報酬請求の適正化(医療情報との突合、縦覧点検、介護給付費通知)を実施しています。



>>老人ホーム・介護施設の検索なら【HOME'S介護】

老人ホーム/高齢者向け住宅探すのなら 介護DB